放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科は忙しい?

放射線科は忙しい?

放射線科の仕事は、どんな分野を専門にするか、また総合病院や大学病院で働くか、小規模なクリニックで働くかによっても忙しさや治療内容が違っています。放射線科専門医の重要性は日に日に増しており、画像診断医ならば、ガンの早期発見から、開腹や開頭手術をしないで病気の早期発見、診断ができるので、いまの医療には欠かせないスタッフといえるでしょう。

もちろん最先端の機器を揃える国立ガンセンターなどの特別医療機関から、地域密着型の民間病院まで、画像診断医、放射線治療医の守備範囲は広く、今話題になっているIVRから、個人クリニックでの女性のマンモグラフィーに至まで、活躍の範囲は広いです。

不足しているといわれる産婦人科、小児科、外科などに比べると、放射線科医は、専門性が高く、外科や内科のように担当医になることがないので、比較的仕事に対する拘束力や長時間の就業はないですが、他の一般医と同じように、常勤医として勤めているのなら、当直やオンコール、緊急医療などに携わることもあります。一般的に放射線科は予約の上放射線治療や画像撮影を行うことになっているので、急患が入ることはあまりなく、計画的、ある意味でマイペースで働くことができる職場です。

放射線科医と一口にいっても、あらゆる専門科、専門分野があり、放射線治療専門医なのか、放射線診断専門医なのかで就業内容がまったく異なりますが、全体的に医療機関での放射線科専門医の数は不足しており、あまりその不足を指摘されることはないものの、将来の懸念になっているのは確かでしょう。

放射線科医が不足しているからといって、極端に激務になることはないけれど、もし一つの医療機関でその分野の専門家が不足しているとなると、多少シフトにもひびいてきます。ただし、需要が高いということは将来性があることにも繋がり、供給過多になっている専門診療科よりも、転職や開業のときに競争力はあるでしょう。

全体的に医療に関係するスタッフが不足しているので、医療機関で働く人は、常に忙しいのが常ですが、いまはワークラフバランスや医療スタッフの離職が目立つことから、新たに職場環境やQOLの見直しを行っている医療機関が多くなっているので、仕事だけに忙殺されるということは考えられないでしょう。専門知識を活用して、自分の働き方のスタイルを確立できるという点では、放射線科専門医は有利で働きやすい専門職かもしれません。

一般論ではありますが、放射線科専門医は他の診療科に比べて格別忙しいということはありません。ただし、放射線科はとくに医学の進歩が著しい分野で、新しい医療機器が続々と開発されるなかで、自分で常に最新の機器に触れておく、すぐに使いこなせるようになる等、自己研鑽、新しい分野への学習意欲は常に持っておいたほうがいいでしょう。学会の開催する研修やセミナーなどの積極参加が望まれます。そのため放射線科専門医の日常は決して暇なものではないでしょう。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.