放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医の将来性は?

放射線科医の将来性は?

ガン治療の新しい可能性である、IVRや、医療機関での画像診断が病気や症状の発見の第一段階となっている、定期検診として重要な役割を担っていることを考慮すると、これからもより放射線科専門医の需要は高まっていくことが予想されます。

放射線科専門医は、ガン治療の専門家とか、X線を撮影する医師のことではないかと思っている人も多いようですが、いまは普通の健康診断で用いられているMRI、CT、超音波、PET、SPECT、体に負担がかからない内視鏡での検診や手術など、その活躍の範囲は広がっています。

女性なら、マンモグラフィーや、妊娠や出産の際の超音波検査でもおなじみでしょうし、人間ドックを経験した事がある人なら、上記の画像診断検査を受けた事がある人、定期的に受けている人は多いでしょう。

最近の医療の治療傾向としては、リスク、そして患者さんに負担の少ない治療法を選ぶようになったことです。たとえガンになっても、早期発見ができれば内視鏡や腹腔鏡での簡単な手術で完治が可能ですし、放射線治療からのアプローチやIVRという、新しい治療法も確立してきています。

なによりも患者さんにとっては麻酔を打って開腹、開頭をして中を確認することなく、画像を撮影することでだいたいの病状や経過判断ができることは、相当な負担軽減となります。時間もお金も節約でき、病気による生活への影響を最小限に抑えることができるのも、この放射線医、画像診断医の活躍のお陰といっても過言ではありません。

医学とIT、新しい医療機器の開発も着々と進み、病気や疾病の早期発見、早期治療、難病に対しての体への負担を最小限に抑えた治療法の開発など、そのすべてに放射線科専門医がかかわってきています。

最新鋭の医療機器に囲まれて、適切な判断をしていくことで、患者やその家族の生活や命を守る役割を客観的に担うことができる、また積極的に負担の少ない、新しい治療を働きかける専門医として、放射線科専門医の将来性、可能性は無限大に広がっています。これからの医療現場で重要な役割を担っていくと期待されています。小規模なクリニックから最先端のガンセンターまで、放射線科専門医の需要は増えてきており、放射線治療専門医、放射線診断専門医の両方、これからは求人が増して行くこと、その役割の重要性が増していくことは間違いないと思われます。研修医の先生から、すでに各専門科をお持ちの先生も、放射線科専門医になる、または転科することも選択肢に入れてみてもいいでしょう。女性医師も働きやすく、活躍の範囲が広いですので、放射線科専門医はおすすめの専門科の一つです。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.