放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 女性の放射線科医は?

女性の放射線科医は?

女医が専門科を決める場合、職場の働きやすさや福利厚生、または出産、育児などのブランクからの復帰、フレキシブルな働き方が選べるかどうかなど、将来性を見据えて検討することが多いと思います。その点、専門職であり、また需要が高いうえ将来性もあり、働き方のスタイルも選べる放射線科医はおすすめの専門科の一つといえます。

ただし、女性の放射線科医というと、本人というより周囲の人が心配することがあるのが、日々の業務によって起こる被爆の可能性です。ただ、これはまったくの誤解であり、日常にX線を使って検診をしているとしても、画像診断医や検診医が必要以上に被爆する可能性はほぼ無く、その量は適性に管理されています。ただ、そのイメージから誤解を招いたり、偏見を持った人が存在するのも事実ですので、周囲や家族の理解は欠かせないところでしょう。

放射線に関わる医療関係者は常に、個人線量計を身につけて自分の被ばく線量を計測しています。日本の医療法では、“妊娠と診断された時点から出産までに腹部表面で2ミリシーベルト以内”と被爆量が法律によって制定されています。その上、実際のデータをみてみると、日本の医療関係者の被ばく線量は、年間、平均1ミリシーベルト以下で、女性医師では年間約0.2ミリシーベルトといいます。女性医師の半数以上、そして看護師の8割の被ばく量は個人線量計で計測できない程少なく抑えられているのが事実なのです。

放射線治療の専門家として、または画像診断医としての需要、将来性は高いですし、女性も活躍できる職場として注目を浴びている放射線科医。これからの将来、女医さんの産休、育休制度もより整うと思いますし、画像診断医、特にマンモグラフィーや遠隔画像診断等、女性の活躍がさらに期待できる分野が放射線科なのです。

そして専門医としての知識と経験を積むことによって、遠隔医療で自宅で仕事することも可能になるので、これからの放射線医療はますます女性に優しい診療科となるに違いありません。

偏見や根拠の無い噂に惑わされることなく、これからの先進医療を担う一スタッフとして、これからは放射線科でも女性医師の活躍が欠かせなくなってきます。全体的に放射線科専門医が少ないといわれるなかで、女医さんの占める割合、役割はどんどん増えて行くに違いありません。

シングルのままでも、また結婚して家庭をもち、出産や育児を経ても、確実にそのスキルや専門知識が活かせる仕事ですので、ブランクがあっても、比較的職場復帰は簡単ですし、産休、育休制度が整っている医療機関に勤めていれば、十分仕事と家庭の両立は可能だと思います。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.