放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医になるには?

放射線科医になるには?

放射線科医になるのには、当然医師免許が必要になるのと同時に、放射線診断学、放射線治療学などの専門分野の知識が必要となります。現代では、患者にとって、侵襲の大きな手術をすることが減り、その代わりに、画像診断の技術を活用した、低侵襲な治療が選ばれる傾向があります。手術をしない、患者に負担がない優しい治療法として、放射線照射治療は大きな成果を残しています。

ガン治療や治療の難しい病気に対して、外科手術や積極的な治療が難しい患者さんもいるので、一つの選択肢として放射線は大きな可能性、未来志向の治療法といえます。

当然、放射線科医として、一般レントゲン(X線)やCT、MRI、SPECT、PET、超音波検査などの画像診断を正確に行うことも大事ですし、患者さんに分かりやすいように説明する、そして放射線療法などで患者さんの心と体に負担をかけないような治療法を選択するというような大事な役割を担うのが、放射線科医です。

治療対象や方法、そしてカバーする内容が多岐に渡る上、日進月歩の著しい分野であり、日本でも、そして世界でも、腕が良い、見識の深い放射線科医はどこでも求められているのが現状です。

放射線科医になるまでの具体的な道のりは、国が認可した医学部、医科大学を卒業し、国家資格である医師免許を取得します。それから放射線科専門医、放射線診断専門医、放射線治療専門医のどれになるのかを考えます。ただ、研修しながら考えても遅くはありません。医師免許を取得してから医学部の卒後臨床研修、スーパーローテーションが前期、総合研修の後期に分かれているので、約5年間、各専門分野の研修を受けることになります。

前期、後期の研修を終えて、卒後6年目で、放射線科専門医認定試験を受ける資格が得られますので、この試験を受験し、合格すれば、晴れて放射線科専門医となります。この資格は、日本医学放射線学会の管轄です。

その後、学会認定施設での専門研修をして、卒後8年経過で、受験資格が得られますので、放射線治療専門医、放射線診断専門医など各分野の専門家に成るべく研修、資格試験受験をしてもいいでしょう。専門性が高い分野なだけに、知識だけではなく、研修などでの長い臨床経験が必要なのは言うまでもないことです。将来性もあり、しかも日本だけではなく、海外でも大変需要が高い専門医となりますので、しっかり専門知識を身につけ、医療現場で活躍する放射線科医の先生が増える事を願ってやみません。放射線治療も患者さんのQOLを維持できる治療法として、これからの将来性も約束されています。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.