放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医は不足している?

放射線科医は不足している?

放射線科医は、他の専門医、例えば不足が叫ばれている、産婦人科医、小児科医、外科医などと比較すると、比較的医師数は落ち着いているようです。ただし、放射線科医のなかで、放射線診断医はある程度の人数はいるようですが、放射線治療医は実際には危機的状態とも言われています。

放射線診断医は、画像診断医ともいわれ、最新の医療診断がX線だけではなく、MRI、CT、超音波などでも行われるようになり、その専門知識や経験が医療現場でとても必要とされていますが、それ以上に、需要が高いのが、にわかにガン治療などにも応用されるようになった放射線治療医のほうです。

ある大学の調査によると、米国の人口あたりの医師数を1としたときの、日本における医師数が、放射線科の場合には、0.25倍となっており、約1/4に過ぎない事が明らかとなっています。画像を診断できる医師はいても、これからの分野である、そしてとても需要が多い放射線治療をする医師は不足していることがこのデータから読み取れます。

患者の状態や、病気の進行状況から、必ずしも外科や開腹手術が奨励される場合だけでなく、患者の体への負担が少ない治療法として、放射線治療もにわかに注目を浴びるようになりました。Interventional Radiology(IVR)と呼ばれる、新しい放射線照射技術によるガン治療などは、実際外科手術に匹敵するほどの治療効果を得ることができています。患者さんにとっては、外科手術以上に、望ましい治療法なのではないでしょうか。

それにもかかわらず、放射線科専門医が少ないことで、最先端の医療の可能性が狭まっているのは患者さんにとっては歯がゆいことです。全国の中でも専門医不足、技術者不足で、一部のガン専門医療機関や大学病院でしか受けることができない特殊な放射線治療も、もし放射線治療医が増えれば、その裾野が広がることは目に見えています。

医師数の絶対数としては、足りている放射線科専門医ですが、より高度な医療、医療の可能性を広げるという見地では、まだ放射線治療医が相当不足しています。皆が平等に医療を受ける権利があるのが、日本の医療制度だとしたら、適切な医療や、治療法の選択肢に関して不均衡が起こっているのは問題です。より真剣に、放射線科医師の不足について考えてみる必要があります。

研修医だけではなく、他の専門分野からの転科も検討されるべき現状ではないでしょうか。緊急性が薄いために、産婦人科や小児科医の不足ほど騒がれることはありませんが、本当は、放射線科医師も不足しているのが現状のようです。実際にこの事実を受け止めて、日本医学放射線学会などでは対策も考えられるようになっています。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.