放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医の年収は?

放射線科医の年収は?

放射線科医の年収は、他の医師に比べて特に高い、低いということはありません。それぞれの所属する病院、例えば大学病院や一般病院、公立病院と民間病院では、給与体系や福利厚生などで異なります。開業医なら、勤務医よりも年収は高くなりますし、非常勤やアルバイト勤務では、常勤医師よりは収入が低くなるでしょう。

放射線科医は、なによりも経験がものを言う専門医となりますので、ある程度経験を積んだ、実績のある放射線科医、だいた30代になると一気に1000万円を超えることが多いそうです。放射線科医の平均年収は、だいたい900万から1200万円までと幅があります。当然研修医から開業医までの平均ですから、この平均額に届かない医師もいるでしょうし、この数倍年収のある開業医もいらっしゃるでしょう。

放射線科医は、比較的進歩のスピードが早い、新しい技術や機器が導入されやすい分野です。最新の機器やITを使いこなしてこそ、詳細な画像判断、確実な診断は可能になりますので、IT技術系のことに明るい人がより適性があると思われます。また、最新の医療機器を備えている、総合病院や大学病院のほうが、その技術の研鑽、実績を積むには適しているでしょう。ガン治療の一環としての放射線治療なども将来性があります。

専門性が高いので、将来性もありますし、比較的職場環境は落ち着いており、緊急性の高い患者を見ることが多い小児科、産科、外科、内科などに比べると、マイペースで働くことができる仕事だと言えます。

放射線科医として常に新しい技術を取り入れたり、研究心、好奇心が旺盛な人で、IT機器にも通じている医師、またそうした技術畑のことが好きなタイプの医師はまさに天職といえます。また、放射線治療の分野も将来性があり、患者にとってメリットのある治療法、体への負担の少ない治療として、ますます注目を浴びることが想像されます。

年収だけで考えると、やはり勤務医なら、公立病院よりも民間病院、そして都会よりもむしろ、地方の病院のほうが、年収自体は高くなる傾向があります。職場に何を求めるかは個人によって異なることでしょうが、もし年収だけで放射線科医を選ぶのであれば、医師専門の転職サイトで、希望年収から仕事を探すことができます。

研修医時代を含めて、放射線科医の数は一定ですし、十分な臨床経験も積めます。将来性、需要もあり、専門性も高いので、これからの若い医師には、放射線科医になる選択肢も大いに勧められると思われます。日本医学放射線学会の資格取得をして、専門医として臨床現場で活躍し、希望年収、理想に近い職場を得るのは放射線科医にとって、そう難しいことではなさそうです。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.