放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科専門医

放射線科専門医

放射線科専門医とは、大きく分けると2種類あります。日本医学放射線学会に属し、その中で、放射線科専門医としての認定後、学会認定研修施設で各分野に分かれた研修のあと、認定試験を受験し、合格すると、放射線治療専門医、もしくは放射線診断専門医となることができます。

放射線治療の専門家になったり、これからの医療現場でますます重要になってくる放射線診断専門医、MRI、CT、超音波や内視鏡などでの画像診断やIVR治療などの分野での活躍が見込まれます。どんな診療科でも、これらの画像診断をしてから、病気の特定や治療方針を決める事が多くなっていますから、放射線科専門医の必要性はますます高まっています。

病気の早期発見や、病気の治療方針を決定するのに、医療の最新機器を使用しての画像診断は、患者のリスクを減らす事にも繋がります。その上、ガン治療の新たな可能性として、IVRもかなり一般的に用いられるようになりました。放射線科専門医の活躍するフィールドは、かなり広がってきています。

まず、卒後臨床研修が2年、学会認定研修施設での放射線科専攻医としての総合研修が3年あり、放射線科専門医認定試験に合格すると、放射線科専門医となります。その後、学会認定研修施設での専門研修を経て、放射線治療専門医、放射線診断専門医となります。

それぞれの学会認定研修施設で研修医の募集は行っていますし、専門研修を受けるために、研修生を受け入れてくれる医療機関は多い筈です。その他に、転職エージェントなどを利用しながら、受け入れ医療機関を探すこともできますし、日本医学放射線学会のホームページから情報を集めることができます。

すでに放射線治療専門医、放射線診断専門医の資格を取得している場合は、より転職活動は円滑にすすめることができるでしょう。自分の希望にあった職場や仕事を探すために、転職エージェント利用が適していると思います。もちろん出身大学の縁故や、医局がらみの紹介などもあると思いますが、いまは学閥や医局にとらわれない形での研修、就職先探しも増えていますので、様々なオプション、選択肢を検討しつつ、最善の選択をしてみてください。br>
それぞれの都合や研修のペース、もしくは転職のタイミングに合わせて、賢く転職サイトを利用したら、よりスムーズで効率的な転職活動、また研修先探しが出来る筈です。こうしたツールを賢く利用しましょう。結局はあなたが何を大事にして仕事探しをするか、どんな放射線科専門医になりたいのか、働き方のスタイルはどうするかです。いまは様々な選択肢がありますので、冷静に、そして賢明な判断をしていってください。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.