放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医への転科は?

放射線科医への転科は?

放射線科医、つまり画像診断医や放射線治療医の需要が高まるに従って、他の専門科の医師が、放射線科への転科を考えることがあってもおかしくありません。研修医のときから、放射線科を目指している人もいますし、臨床の現場で様々な経験を積みながら、放射線科への興味をもつという場合もあると思います。絶対数が不足している、放射線治療医では、転科希望者も当然受け入れていますし、すでに研修医、臨床現場での経験がある医師ならば、いままでの経験と知識にプラスして放射線科の専門にもなれるという面でメリットも大きいです。

放射線科医になるには、日本医学放射線学会の認定試験を受験し、合格する必要があります。医学部を卒業後、6年目で放射線科専門医認定試験が受験可能になり、放射線科専門医になってから、また2 年間、卒業後8年目で受験可能になるのが、放射線治療専門医と、放射線診断専門医です。2年間の間に、学会が認定した研究施設での専門研修の後、放射線治療の研修、放射線治療専門医認定試験を経て放射線科専門医になるケースと、画像診断、IVR、核医学の研修。放射線診断専門医認定試験を経て放射線診断専門医になるケースと二通りあります。

すでに研修を終えて、臨床現場で活躍している専門医の皆さんは、放射線科専門医の受験資格を満たしていることが多いですから、転科したい場合は、日本医学放射線科学会の指定する専門研修や過程を経て、各認定試験を受験し、合格する事が必要です。それぞれの学会に所属し、更新していくことで、放射線科専門医の資格を保持することができます。

将来的にも発展が望める、新しい治療法のIVRや、画像診断による病気や症状の早期発見、医療機器の発展が最も著しいのが、この放射線科の分野です。患者さんにとってもリスクが少なく、優しい治療として人気が高いので各専門分野の知識とプラスして、放射線科治療もできるとなると、かなり広範囲に渡る治療や判断が可能になることでしょう。

研修医時代から放射線科に興味を持つ人、また臨床経験を積んでいく上で、放射線科の将来の可能性に気づく人などもいます。志望の理由は様々だと思いますが、新しい治療や医療の可能性をより広げる分野として、放射線科専門医が増えることは、日本の医療にとっても非常に重要なことです。

患者自身の治療のストレスやQOLアップのために、この放射線治療医や放射線診断医の数の増加が、これからの医療現場に与える影響は少なくないのです。すでに専門科をお持ちの医師の先生も、まだ専門科を検討中の先生も一度放射線科を検討してみてはいかがでしょうか。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.