放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> よくある質問 >> 放射線科医の仕事内容は?

放射線科医の仕事内容は?

放射線医の仕事は、大きく分けると、画像診断医と、放射線治療医に分けられると思います。またどの科での就業なのかによって仕事内容が異なります。内科や脳外科では、画像から病気の兆候や進行状況をCTやMRIなどで掴むことができますし、これからの治療計画や経過観察において、重要な役割を担います。頭の中やお腹の中を開かなくても体の内部を見る事が出来るので、患者さんの負担を大きく減らす役割を果たしているのです。

また、最近は婦人科でも胸のガンを早期発見できるマンモグラフィーや子宮の病気をいち早く発見することができるMRI、お腹の上から内部の状況を知る事が出来る超音波などで、婦人科の病気、妊娠の状況を確認することが容易になりました。婦人科でもこの放射線医の専門技術が生きているのです。

小児科でも、難病の子供や、様々な疾患に悩む子供などの治療方針を決めるのに、これらの画像診断は重要な役割となっています。放射線科専門医、つまり画像診断医である他に、その専門科独自の専門知識が必要となるので、なかなか一朝一夕では勤めることができない、経験の必要な専門分野です。

画像の診断一つとっても、中枢神経、頭頚部、胸部、乳腺、腹部、泌尿生殖器や骨軟部、小児では、それぞれの専門分野に分かれています。もし脳外科などを専門分野にしたい場合には、脳部分を中心に研修経験を積みますし、ボディ部分なら内蔵を中心に全体、婦人系なら乳腺や子宮などに研修を絞っていくといいでしょう。

日々の仕事は、他の医師の仕事と比べて緊急性は薄く、比較的安定していて、ルーチンにもなりますが、その仕事の重要性は高いです。画像診断医の判断、何を読み解くかによって、その患者のベストの治療方針の発見や命が救われることがあります。

毎日の画像診断からその結果に対してすこしでも気になる部分があれば、再検査のすすめや担当医師との相談、話し合いが必要となりますし、放射線治療医にしてみれば患者にとってガンと戦う命綱にもなり得ます。その点で非常に大事な役割を放射線医は担っていることになります。

粛々と日々の仕事をこなすなかで、知識と経験、そしてそれによって培わわれた鋭いカンによって、早期発見、早期治療が可能になるのですから、患者にとっても、担当医師にとっても非常に重要な存在であることは間違いありません。医師としては地味な存在で、仕事内容も派手さはまったくないのですが、日々大変な責務を担っているのが放射線科専門医なのです。毎日の画像、患者の正しい観察のなかから、なんらかの気付きが得られるかどうかそのひらめきが重要なのです。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.