放射線科医求人サイトランキング

放射線科医医師求人TOP >> 条件別の放射線科医師求人事情 >> 読影・画像診断

読影・画像診断の放射線科医求人

放射線科専門医のなかでも、画像診断医と呼ばれているのが、放射線診断専門医です。日本医学放射線学会にて、放射線科専門医認定試験に合格すると、放射線科専門医になりますが、その後、2年間の学会認定研修施設での専門研修があります。そのときに放射線治療専門医になるか、放射線診断専門医になるかで学ぶ研修内容が異なっています。

画像診断だけではなく、最先端の治療であるIVR、核医学の研修を積み、臨床の現場で活躍するようになります。ただ、いまは病気の診断は問診や医師の判断より、医療機器での診断のほうが確実でクリアな結果が出ます。

MRI、CT、PET、超音波などの画像診断から分かる病気、兆候などから病気の芽を摘み取る、そしてその事実から最善の治療方法を探していくのが医師ですが、その最初の判断材料になるのが、画像の診断、読影となります。

放射線科医が年齢や実務経験によって年収が上がっていくのも、なによりも臨床経験がものをいう職務だからでしょう。検診センターなど、病気を発見するための医療機関や、病院でも何かしらの病気の疑いがある患者、または検診などの人がX線やMRIなどを撮影に来たときに、適切な判断によって、病気のもとを見つけることが画像診断医の役割です。

色々な医療現場で、画像診断医の求人は多くなってきており、総合病院から、小規模のクリニック、または専門的な治療を行っている医療機関などで、画像診断医が必要とされています。

それぞれの専門科、たとえば婦人科のマンモグラフィーをずっと診ている人、消化器、胃を中心に診ていたり、肺などを専門にしている人など、色々いると思います。脳外科などではよくCTなどを使って脳内出血や脳梗塞などを発見しますが、開頭するまえに脳内の状況を確認することは、手術の成功を占ウ大事な診断ですし、これによって手術ができるかどうか、助かるかどうかも分かってしまいます。

普段生死にかかわる診断をすることは少ないかもしれず、健康診断などで活躍する画像診断医、専門医が多いかもしれません。でも担当医とともに、あらゆる病気の可能性やこれからの治療方針を検討する点では、経験と実績、また多くの症例をみてきたなかでの迅速で的確な判断が求められるのです。総合病院や大学病院だけではなく、小規模な病院、クリニックでも専門性をもち、ガン治療のため大型機器を導入して、本格的な検診を行うことができる医療機関も増えてきましたので、読影、画像診断医の活躍するフィールドはますます広がっているのです。人材が不足している医療機関が多いので、放射線科専門医としての転職の可能性はかなりあります。

放射線科医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>放射線科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 放射線科医求人サイトランキング All Rights Reserved.